ごはん, 日常

萩の月とかすたどん食べ比べ

DSC_0342

前に言ってた、仙台銘菓の「萩の月」とそっくりな、鹿児島銘菓の「かすたどん」の食べ比べをしてみました。
どちらも美味しいのですが、「萩の月」の方が馴染みが深い私としては、失礼ながら「かすたどん」はパチモン!と思っていたので、ここらでしっかりどちらが好みなのか判定。
他にも、萩の月に似たお菓子っていろんなとこにあって、「那須の月」とか「台場の月」なんてのもあったような気がします。

DSC_0349

見た目は、うり二つ。
どっちがコレって言われないと分かりません。

DSC_0352

でも、切ってみると違いが分かります。
左が「萩の月」で右が「かすたどん」。

萩の月
・クリームしっかり、癖のある甘味
・しっかりした生地
・和菓子っぽい、お茶が合う、牛乳も合う。

かすたどん
・クリームとろとろ、甘味あっさり
・ふわふわした生地
・洋菓子っぽい、紅茶が合う、牛乳も合う。

見た目はそっくりだし、今まで味も似たようなものだと思って食べていたけど、こうやって食べ比べてみると全く異なる二つでした。

で、両方食べ比べてみると、口に入れた瞬間に「かすたどん」の方が好み!ということに気付きました。
今まで、萩の月もどきと思いながら食べてたことに反省(笑)。

ちなみに、何人かの友人と一緒に食べ比べをしてましたが、みんなかすたどん派でした。
でも、萩の月のクリームは独特な味なので、癖になるんだよね。
ということで、どちらも美味しいです!

:)napo

どちらも遠方で購入出来ない!という方はこちらから購入できますよ♪
 

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中