城めぐり

おんせん県城めぐり

DSC_0221

今回は、中津城・大分府内城・岡城と、大分県内の3つのお城をめぐってきました。
JR九州の企画で、現在、大分VS鹿児島対決をしています。CMで壇蜜が「決めなきゃ、ダメ?」って悩まし気に言ってるの。そのライバルの方へ。
鹿児島から大分まで、車で行くと本当に遠いです・・・。いつも旅行中の運転は、旦那と私と半々位なのだけど、今回はお腹が大きいということもあり9割ほど運転してくれました、助かった~(笑)。

DSC_0257

中津城。
100名城ではないけれど、大河「軍師官兵衛」にハマっていた私はどうしても訪れたかったのです。 中津城は模擬天守ですし、中津城にというよりは、如水が天下を目論んで挙兵した地へ。
ここからの風景を見ながら天下を夢見てたんだなぁと・・・思うと浪漫感じますね。
天守閣からは海が見えて、ここから大阪まで舟で3日で行ったんだとか。海と川に囲まれた立地はかなり好みです。

DSC_0266

大河の後のゆかりの地コーナーでも紹介されてた、赤壁寺こと「合元寺」。
先祖代々この地を継いできた宇都宮氏を黒田が皆殺したお寺。その時の斬り合いで壁は真っ赤になり、その後、何度白く塗っても血が染み出してくるから赤く塗ってしまったんだそう。
お寺の中の柱には、その時の斬り合いの傷も残っていました(本当かどうか分からないけれど)。
そんな怨念のこもった合元寺ですが、民家的な生活感が半端なくて拍子抜けしてしまいました。

DSC_0336

岡城(大分県竹田市)。
滝廉太郎の「荒城の月」のモデルとなった山城です。今まで私が訪れた山城の中では別格かも(話題の竹田城はまだ行ったことないのです)。
余談ですが、小学生の頃、運動会で高学年は毎年「荒城の月」を踊っていた気がします(記憶が曖昧・・・)。扇子持って白鉢巻して、最後切腹するっていうダンスだったような。。。
島津の大軍でも落城させることは出来なかったそうです。こんな断崖絶壁、落とせない理由が分かる気がします。その前に、義弘に「次ここ攻めるぞ」って言われたら、「まじかー。」ってなるわって話ですよ。俄然やる気がなくなるような凄い険しい場所です。。。しかも、万が一手に入れたとしても、あまりに不便で嬉しくない(失礼w)。私だったら、「もうあそこは、そっとしとこうよぉ。」って言うと思います・・・。
すごい絶景ですが、柵も何もないし落ちたら即死な高さで終始ヒヤヒヤ、息子の手は離せませんでした。怖かったぁ~。よくこんな所に立派な石垣を作ったものです。

大分府内城は、噂通りのがっかり城だったので割愛。

DSC_0279

うどん県よろしくおんせん県と自ずから言っちゃってるので、今回は温泉宿にしました。
別府や湯布院にしようかと思ったけれど、有名地だからなのかお高い…、そこで、有名温泉地から離れた中津にある温泉宿「八面山金色温泉 こがね山荘」にしました。
リーズナブルなのに、お風呂がたくさん!お庭も綺麗で雰囲気も良くて、ゆっくり過ごすことが出来ました。
温泉は、翌日、ちょっと面白い湯に行ってきたので、それはまたの話で。

お天気も良くて(雪が降ったらキャンセルするところでした)、念願の中津城も行けて良い旅となりました。食事がほぼB級だったのは、いつものことですけれども・・・、大分のふぐ食べたかった・・・(予約が間に合わなかったの)。
今回、私の誕生日が休日だったっていう理由で来たわけですけど、後々カレンダーで確認したら家族全員今年は休日でした・・・、まあいっか、てへぺろ。

:)napo

 

 

 

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中