兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ, 城めぐり

たびたび城たびまとめページ

兵庫・播磨の城めぐり、まとめページです。

4

① たびのはじめに

② 1日目いまここメモ

③ 2日目いまここメモ

④ 城巡り・赤穂編

⑤ 城巡り・姫路編

⑥ 城巡り・赤石編

⑦ たびのおわりに「明石焼き風出汁巻き卵」 (レシピ付き)

■ photo_01

■ photo_02

どうぞごゆっくり。

:)napo

標準
ごはん, 兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ

明石焼き?

DSC_0318

旅の後の楽しみの一つ。
旅先で食べた美味しかったものを思い出しながら、おうちで作って楽しむこと。
今回は、明石で食べた「明石焼き」です。

DSC_0084

たこ焼き器は、以前に持っていたのですが、我が家では、年に1度位しか使わない(しかも、グミを入れたり、饅頭をいれたりとロクな食べ方をせず・・・)ので、引っ越しを機に処分してしまいました。
たこ焼き器がないけど、明石焼きできないかなー?と考えた末に、たこ焼き型の卵焼きなのだから、いっそ出汁巻き卵にしてしまえー!とヒラメキー。「明石焼き風出汁巻き卵」を作ってみました。
頂いた「たこ磯」さんの明石焼きは、おだしに三つ葉が入っていたので、タコと三つ葉を入れました。

DSC_0079

■明石焼き風出汁巻き卵

材料
・卵 4個 (常温に出しとくと黄色が綺麗になるらしい)
・ゆでだこ 50g
・みつば 刻んで大3程度
・白だし 小2
・水 50cc
・醤油 小1/2
・砂糖 大1

① 茹で蛸と三つ葉を細かく刻みます。
② 材料を全部混ぜます。
③ 卵焼きの要領で焼きます。後で巻き簾で整えるので適当に焼いても平気^^
④ 巻き簾で巻いて輪ゴムで固定しておきます。10分位。
⑤ できあがりー。

出汁も入っているので、このままで明石焼き風味を味わえます。お弁当にも明石焼き^^
明石焼きとは違うけど、手軽に明石焼きっぽいものを楽しめます!
蛸がいっぱい入っているので、かなり明石焼きっぽいですよー。みんなも作ってアラモード☆

:)napo

標準
兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ, 城めぐり

兵庫城めぐり・明石編

DSC_0318

午後は、更に東へ明石市へやってきました。明石まで来たのだから、明石焼きでお昼にします。
明石駅近くの魚の棚商店街にある、「たこ磯」というお店。大繁盛してました。
タコの入った明石焼きの他にもアナゴ入りと両方入りがあります。で、普通の明石焼きにしました。
斜めになった木の板に15個。(どうして板が斜めなんだろう・・・。)
フワフワのアツアツで、出汁で食べてもソースで食べても美味しー!ごちそうさまでした。
息子は横で、明石焼きに似たポンデリングを食べていました。アッツいからね、駅前ミスド寄っておいて良かった(笑)。

DSC_0321

明石城のある明石公園へ。明石駅の目の前です。 広くて綺麗で、石垣もしっかり残っています。
お濠の噴水も雰囲気に合ってますね。 駅の近くにこんなにも広くて素敵な公園があるなんて、明石市民は良いなぁ。生活の中にお城があるのは心底羨ましいです。

DSC_0341

明石城は、2つの櫓が残されています。ちなみに、明石駅ホームは、櫓が2つ眺められるベストポジです。
櫓の一つは伏見城から移築されたもの。赤い格子がちょっとしたオシャレポイントです、これは、全国にあるお城でもここだけなんだそう。ボランティアの方が教えてくださりました。
坤櫓は公開されていたので、中を見学してきました。櫓内に、おもむろに段ボール山積みの資料や古材が置いてあったので、ちゃんと片付けたらいいのに・・・と思ったけれど、これはこれで櫓としての機能を果たしているのかもしれません。。。でも、もしも私がここを管理出来るとしたら、もう少し綺麗に収納する。。。(あ~、お城で働きたい)。
しっかりスタンプを頂いて、お城を後にします。今回の旅では、100名城スタンプを新たに2つゲットです。

DSC_0349

姫路に戻って、お土産と駅弁。と思いましたが、そそられる駅弁がなかったので、デパ地下のお惣菜とお弁当にしました。
お土産は、姫路城土産の定番、杵屋「お城焼き」。「城を焼く」なんて不吉すぎるネーミングです(苦笑)。世が世ながら切腹ものだわーw
天空の白鷺に因んで、期間限定で白あんだそうです(通常は黒のこしあん)。
新幹線で鹿児島へ。
行きもほとんど寝ずに兵庫まで来た息子ですが、帰りの新幹線に至っては、一睡もしませんでした・・・。おつかれさまー、お城巡り楽しかったかな?、母はすごく楽しかったよ(笑)。

兵庫・播磨のお城を巡る旅もこれにて終了。
この「たびたび城たび」企画に参加させていただけなかったら、姫路城の修理も見ることはなかったので、本当に感謝しています。
兵庫県って、海あり山あり、都会あり田舎あり島もあり、北に行くとスキー場も沢山あるんだそう、日本の縮図ような県!まだ神戸には行ったことないし・・・、最近話題の竹田城もあるし、是非ともまた訪れたいですね。

名称未設定-1food_bnrfudokkin_bnr

▼写真は、こちら

:)napo

標準
兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ, 城めぐり

兵庫城めぐり・姫路編

DSC_0305

兵庫2日目は、姫路へ。
朝は、赤穂パークホテルの方に駅まで送って頂き、姫路まで電車で30分。
ところで、新幹線も電車もアナウンスの時の「ひめじ」のアクセントが気になってしょうがなかったです。
「ひめじ」の「ひ」にアクセントを置いた「 ̄|__」この音で、いつも発音していたので「め」を強く言う「_| ̄ ̄」に違和感が・・・。
でも、本当はこちら(後ろにアクセント)が正しいのでしょうね。
「姫路城」や「姫路駅」だと、「_| ̄ ̄」この読み方なのに、「ひめじ」単体だと「 ̄|__」になってしまいます。
「ひめじ」に似ているキノコの「しめじ」は、「_| ̄ ̄」と「 ̄|__」、どっちが正しいのでしょう。。。
電車でモヤモヤ、そして姫路→↑↑(コンボ技みたい)へ到着。

行く前に書いていた通り、姫路城の天守閣修理見学「天空の白鷺」は長蛇の列だと聞いていたので、少しでも早く!とタクシーを使いお城へ。
開城20分前に到着しましたが、すでに行列でした。
開城を5分早めてくれましたが、ここからチケットを2度買わなければなりません。

DSC_0139

修理中の姫路城は、巨大な箱に入っています。

DSC_0162

箱を開けるとこんな感じです(これは2009年に訪れた時)。

DSC_0156

チケット購入で10分程待ちましたが、エレベーターも並ばずすぐに8階の見学場所へ行けました。

姫路城の天守をこの角度で間近に見ることが出来るのは、おそらく一生に一度。もしくは鳥にでもならないと無理!とても貴重な体験でした。
もうほとんど修理は終わっているようで、瓦も綺麗に張り替えられていて、漆喰壁もツルツルの真っ白。
日曜日ということで、作業員さんがお休みだったのが、ちょっと残念でした。

DSC_0204

こんな感じで修理をしていたのだそう(これは1F展示模型)。
丁寧なお仕事、ありがとうございます。

DSC_0223

1時間程見学して出てきた時には、120分待ちだそう。ディズニー並ですね。早起きした甲斐がありました。
そして、天守前で写真を撮っていると、息子が新しい言葉「しらしゃぎ!」(=しらさぎ)を覚えました(笑)。
シャッターを押す度に「しらしゃぎ!」と言って両手を伸ばすので、周りにいた観光客のおばさまたちも大ウケしてました。

DSC_0228

この「天空の白鷺」は、1月15日で終了です。近くの方はぜひ訪れてみてくださいな。こんな姫路城の姿はなかなか見ることが出来ませんよ。
ちなみに、巨大な箱から出てきて美しい姿を見ることが出来るようになるのは、平成27年の春以降です。また必ずや。

DSC_0255

修理中ということもあり、城内では様々な「お・も・て・な・し」がありました。
忍者や千姫たちが城内のいたるところに居たり、弓矢体験、投扇興体験、甲冑着付け、陣羽織着付けなどなど、かなり楽しませてもらいました。

DSC_0258

黒田官兵衛検定もしっかり受けて、合格証を頂きましたよ。 官兵衛からのクイズ挑戦状も応募してきました^^

 

DSC_0264

姫路城のすぐ横には姫路市動物園があります。
入場料200円という破格の価格で、ゾウにキリンにシロクマ、カバにペンギンと結構なメジャー動物が揃っています。
ゾウ好きの息子、生ゾウさん(ゾウの姫子です)と初対面。
毎日のように絵本を見ながら「ゾウ!ゾウ!」と言っているのに、本物に会った途端、大人しくなってしまいました。緊張しているの?(笑)。
昔ながらの動物園だから仕方がないのかもしれませんが、姫子には小さすぎるおうちで、ちょっと可哀想でした。

DSC_0272

動物園と言いながらも、レトロな遊具が色々ある昭和な雰囲気のミニ遊園地もあります。
空中ブランコやモノレール、ティーカップなど、息子と楽しみましたよ。どれも乗っている間は、何故か真顔でしたけどw

DSC_0281

遊具が沢山ある中、特にオススメなのが、この「びっくりハウス」。
失礼ながら、この怪しげな建物の外観に、絶対びっくりしない自信を持って入ったのですが、これが、予想外の超びっくりハウスなんですよ。ごはん食べる前でよかったです・・・。
一緒に乗った親子の子ども(幼稚園位の男の子)は、ずっと泣き叫んでいました。

DSC_0310

姫路城と動物園をかなり満喫して出てきたら、お城の目の前で、ご当地グルメ博が開催されていました。
こちらも人人人の大賑わい。
「姫路おでん」を食べてみました。生姜が沢山入っていて、身体があったま~る。

駆け足気味で、次は明石へ向かいます。

▼写真は、こちら

:)napo

標準
アルバム, 兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ

photo in Hyogo_02

:)napo

標準
兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ, 城めぐり

兵庫/城めぐり・赤穂編

DSC_0011

1泊2日の週末兵庫城巡り。1日目は赤穂市へ。
鹿児島からなので新幹線で姫路まで行ってから、在来線で30分かけて戻ります。紅葉のシーズンだから?新幹線は鹿児島から既に混んでいました。
播州赤穂駅前には、采配を持った大石内蔵助が出迎えてくれました。でも、思っていたよりこじんまりとした駅でした。忠臣蔵が有名だから、もっと観光モード全開かと思っていました。

DSC_0004

城巡りの前にさっそく腹ごしらえ。プラット赤穂というHPがゼロに近い感じの駅ビル2Fの「赤穂ラーメン麺坊」 で、赤穂塩ラーメンと牡蠣塩ラーメン。
これが、侮れないウマさ。スープがすごく好みの味で、これで500円は得した気分。
赤穂の塩を100%使っているんだそう。こんなに安くて美味しいラーメンがあるので、駅ビルさんももうちょっと頑張って欲しいなあ。

DSC_0076

1城目は、赤穂城。
赤穂城敷地内にある大石神社が立派すぎて、城以上の存在感。
赤穂の観光パスポート「通りゃんせ」を駅の観光案内所で購入したので、これを使って見学します。

DSC_0036

何故か絵馬がリラックマw
「お母さんと私の頭が良くなりますように。」「女の子の孫!」など、人様の願い事は面白いです。

DSC_0091

義士宝物殿には、赤穂浪士関連が中心ですが、森可成の甲冑なども展示されていました。

DSC_0052

それから、大石神社内の庭園。
門を潜って庭に入った瞬間に、色鮮やかな紅葉がいっぱいに広がって、思わず「綺麗~!」と立ちつくしてしまう程。
人も少なく、紅葉の穴場スポットなのかも。

DSC_0058

庭の奥には、子宝の石などもありました。大石内蔵助が子沢山だったことからだそう。
二人目・・・は、いつ産むの、今でしょ!じゃないんですけど・・・、一応あやかっておきましょうか。

DSC_0120

大石神社の見どころが多く、城内散策前に参拝に行っていたら、すっかり夕方になってしまいました。
この写真の本丸櫓門の開放時間を過ぎてしまいましたが、ボランティアのおじさんの優しい心遣いで登ることが出来ました。
復元整備も進んでいて、さっぱりしているけど綺麗で好印象なお城です。

DSC_0104

もともと天守閣は造られなかった赤穂城。
そんな現存しなかった天守閣を、イルミネーションで再現しよう!という、面白いイベントが毎年開催されているそうです。
すごく素敵なアイディアだし、予想以上にしっかりした骨組みで、旦那と二人で関心してしまいました。
天守台の上には幻の赤穂城。5層の立派な天守閣、何色に光るのでしょう。是非一度、ライトアップ期間に訪れてみたいものです。

DSC_0125

赤穂城を後にし、宿泊先まで歩いていると、偶然通りがけに「あこうぱん」という和風で可愛いお店を見つけたので休憩がてら入ってみました。お客さんで賑わっていて、このあたりでは人気のお店のようです。
創作パンが何十種類と並んでいて、しかも、ちょっとした悪ふざけのようなネーミングのパンが沢山。どれも不思議な組み合わせで、食べてみたいと思わせるものばかり。
パン好きなのでいろんなパン屋に行っていますが、こんなにワクワクするパン屋さんは初めてかも。近くにあったら頻繁に通ってしまいそうです。
迷って決められないので、お姉さんに相談し、人気の「バケット粒あんマーガリン」、それから「史上最大の作戦カレーパン」、「ふじこの塩パン」を購入。「独眼竜」っていうのも気になりました。
折角なので店内で頂きました。どれもすごーく美味しい!パンに美味しさとアイディアがいっぱい詰まっていて、作っている人の頭の中を覗いてみたいです。

DSC_0129

パン屋で大分回復したので、今回の宿「赤穂パークホテル」まで、更に20分程歩きます。
半ビジネスのような感じだけど赤穂温泉(露天も)が付いていたので、こちらに決めました。天然のソルト温泉、しょっぱかったです。
晩御飯もこちらで、予約の時に勧められた季節限定の牡蠣会席。正直、ホテルの食事ってあまり期待していなかったのですが、どれもこれも牡蠣尽くしで大満足でした。

一日目の赤穂はこれにて終了。
赤穂=忠臣蔵なイメージが強かったのですが、もちろん忠臣蔵を押しているけど、そんなに観光にガツガツしていないゆったりした印象でした。
街並みが綺麗で統一感があって、「歩ける街」は、やっぱり良いですねー。

▼写真は、こちら

:)napo

標準
アルバム, 兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ

photo in Hyogo_01

:)napo

標準