ごはん, 兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ

明石焼き?

DSC_0318

旅の後の楽しみの一つ。
旅先で食べた美味しかったものを思い出しながら、おうちで作って楽しむこと。
今回は、明石で食べた「明石焼き」です。

DSC_0084

たこ焼き器は、以前に持っていたのですが、我が家では、年に1度位しか使わない(しかも、グミを入れたり、饅頭をいれたりとロクな食べ方をせず・・・)ので、引っ越しを機に処分してしまいました。
たこ焼き器がないけど、明石焼きできないかなー?と考えた末に、たこ焼き型の卵焼きなのだから、いっそ出汁巻き卵にしてしまえー!とヒラメキー。「明石焼き風出汁巻き卵」を作ってみました。
頂いた「たこ磯」さんの明石焼きは、おだしに三つ葉が入っていたので、タコと三つ葉を入れました。

DSC_0079

■明石焼き風出汁巻き卵

材料
・卵 4個 (常温に出しとくと黄色が綺麗になるらしい)
・ゆでだこ 50g
・みつば 刻んで大3程度
・白だし 小2
・水 50cc
・醤油 小1/2
・砂糖 大1

① 茹で蛸と三つ葉を細かく刻みます。
② 材料を全部混ぜます。
③ 卵焼きの要領で焼きます。後で巻き簾で整えるので適当に焼いても平気^^
④ 巻き簾で巻いて輪ゴムで固定しておきます。10分位。
⑤ できあがりー。

出汁も入っているので、このままで明石焼き風味を味わえます。お弁当にも明石焼き^^
明石焼きとは違うけど、手軽に明石焼きっぽいものを楽しめます!
蛸がいっぱい入っているので、かなり明石焼きっぽいですよー。みんなも作ってアラモード☆

:)napo

広告
標準
兵庫・ブロガー100 人戦国トリップ, 城めぐり

兵庫城めぐり・明石編

DSC_0318

午後は、更に東へ明石市へやってきました。明石まで来たのだから、明石焼きでお昼にします。
明石駅近くの魚の棚商店街にある、「たこ磯」というお店。大繁盛してました。
タコの入った明石焼きの他にもアナゴ入りと両方入りがあります。で、普通の明石焼きにしました。
斜めになった木の板に15個。(どうして板が斜めなんだろう・・・。)
フワフワのアツアツで、出汁で食べてもソースで食べても美味しー!ごちそうさまでした。
息子は横で、明石焼きに似たポンデリングを食べていました。アッツいからね、駅前ミスド寄っておいて良かった(笑)。

DSC_0321

明石城のある明石公園へ。明石駅の目の前です。 広くて綺麗で、石垣もしっかり残っています。
お濠の噴水も雰囲気に合ってますね。 駅の近くにこんなにも広くて素敵な公園があるなんて、明石市民は良いなぁ。生活の中にお城があるのは心底羨ましいです。

DSC_0341

明石城は、2つの櫓が残されています。ちなみに、明石駅ホームは、櫓が2つ眺められるベストポジです。
櫓の一つは伏見城から移築されたもの。赤い格子がちょっとしたオシャレポイントです、これは、全国にあるお城でもここだけなんだそう。ボランティアの方が教えてくださりました。
坤櫓は公開されていたので、中を見学してきました。櫓内に、おもむろに段ボール山積みの資料や古材が置いてあったので、ちゃんと片付けたらいいのに・・・と思ったけれど、これはこれで櫓としての機能を果たしているのかもしれません。。。でも、もしも私がここを管理出来るとしたら、もう少し綺麗に収納する。。。(あ~、お城で働きたい)。
しっかりスタンプを頂いて、お城を後にします。今回の旅では、100名城スタンプを新たに2つゲットです。

DSC_0349

姫路に戻って、お土産と駅弁。と思いましたが、そそられる駅弁がなかったので、デパ地下のお惣菜とお弁当にしました。
お土産は、姫路城土産の定番、杵屋「お城焼き」。「城を焼く」なんて不吉すぎるネーミングです(苦笑)。世が世ながら切腹ものだわーw
天空の白鷺に因んで、期間限定で白あんだそうです(通常は黒のこしあん)。
新幹線で鹿児島へ。
行きもほとんど寝ずに兵庫まで来た息子ですが、帰りの新幹線に至っては、一睡もしませんでした・・・。おつかれさまー、お城巡り楽しかったかな?、母はすごく楽しかったよ(笑)。

兵庫・播磨のお城を巡る旅もこれにて終了。
この「たびたび城たび」企画に参加させていただけなかったら、姫路城の修理も見ることはなかったので、本当に感謝しています。
兵庫県って、海あり山あり、都会あり田舎あり島もあり、北に行くとスキー場も沢山あるんだそう、日本の縮図ような県!まだ神戸には行ったことないし・・・、最近話題の竹田城もあるし、是非ともまた訪れたいですね。

名称未設定-1food_bnrfudokkin_bnr

▼写真は、こちら

:)napo

標準